HOME 製品情報 会社概要 お問合せ
製品情報

ゴミを資源に…有機性産業廃棄物処理装置

無公害のひみつ

低コストのひみつ

ゴミを資源に…地球に優しい新技術。有機物分解セラミック生成装置
現在の地球環境では、温暖化・大気汚染・酸性雨(京都議定書-CO2の削減)など、様々な問題が生じています。今回ご紹介する装置は、従来の流動床式ガス化溶融炉から、さらに進化した画期的システムとなっています。従来の燃焼という技術から、「分子分解」という全く新しい夢の技術として生まれた、まさに世紀の新技術です。省エネルギー、省資源、そして地域周辺の自然環境を保全します。『地球に優しく、人に優しい』資源リサイクル装置の誕生です。

ERCMの特徴

  • 驚異的な低コスト
  • 本装置は投入した有機物が順次、連動自燃域を持続するため補助燃料や熱源を一切必要としません。5立方メートルで1ヶ月間連続運転での電気料金は約10万円と驚異的な低廉コストです。
  • 低騒音
  • 音の発生源は強制冷却に使用するチラーユニットと換気音だけです。
  • 良質なセラミック
  • この装置で生成されるセラミックは電気陰性度が高く減菌作用・殺菌力に優れた病院の白衣、シーツ、土壌改良、水質改善、建築用塗料・接着剤など、利用方法は多岐にわたります。
  • 木酢液
  • 排気から採取する木酢液は防虫、防蟻、糞尿の防臭、土質改善に有効なことが証明されています。
  • 分別が不要
  • 投入する有機物は分別することなく混載で投入できます。

    ERCMの原理

  • マイナスイオン(還元雰囲気)
  • マイナスイオン発生ユニットを使い、常時マイナスイオンを炉内に送入して、炉内を還元雰囲気にする。
    *還元雰囲気にすることで酸素の熱運動を抑え、火炎燃焼を妨げる。
    *乾燥・炭化の際発生する乾留ガスを分解。
    マイナスイオン発生ユニット
  • セラミックの輻射熱(遠赤外線領域の電磁波)
  • セラミックに熾きた炭を置くと、セラミックの上部は輻射熱を発生する。輻射熱は遠赤外線領域の電磁波で、投入した有機物の原子を共振させ、電磁波のエネルギーを吸収させ発熱させる。(原子分極) 有機物はその発熱により、内部から乾燥・炭化していく。
  • 自燃域(無火炎燃焼・1200℃以上)
  • 燻焼は、一般に堆積物の下部に火種があると、円錐状に上部へ伝播し拡がっていきます。
    *ERCMでは、常時マイナスイオンを送り炉内を還元雰囲気にしている為、自燃域をセラミック上部に一定させ伝播させません。
    *炭化物は含んでいる酸素で、自燃域に触れ連動自燃し、自燃域を形成します。
    *マイナスイオンが自燃活動を助け、敷詰めたセラミックの輻射熱によって自燃域の極部的高温を維持させています。
  • 分子分解(原子のレベルで分解)
  • *炭化物は、原子の共有結合しているエネルギーが自燃により燃え尽きると結合が解け(分子分解)て、セラミック状無機物が残ります。
  • 乾留ガスの分解(還元雰囲気)
  • 投入した有機物が乾燥・炭化・自燃の際に蒸発・揮発する乾留ガスは、還元雰囲気の炉内上部で旋回しながら分解し無害化して処理層へ送る。
  • 排気の冷却処理(外気に触れず冷却)
  • 乾留ガスを分解し無害化した排気をそのまま外気に触れさせると、分解していた原子・分子が再結合し様々な物質が発生し、有害な物質も出来てしまう。その為、ERCMでは無害化している排気を外気に触れさせることなく冷却し安定させて、木酢液として採取します。(蒸気を液化させ、分解した原子も捕り込む) 排気処理最終工程で、捕りきれなかった微細タール分と臭いの粒子を捕り無害の排気として排出します。
    TOPへ戻る

    ERCM 生成物の利用方法

  • 木酢液
  • 木酢液には水分の他、酢酸、蟻酸が含まれており、防虫、防蟻、糞尿の防臭、土質改善などに有効な事が証明されております。
  • セラミック
  • 本装置で生成したセラミックは、滅菌・殺菌力に優れている為利用方法は多岐に渡り、病院の白衣・シーツ・カーテン、土壌改良、水質改善、建築用塗料・接着剤などに利用できます。
    TOPへ戻る

    ERCMの仕様概要

    型  式 ERCM 500型/1000型/3000型/5000型/10000型
    寸  法 幅:3,000mm/長さ:11,920mm/高さ:4,816mm(500型)
    重  量 約33t(500型)
    処理用 4.8立方メートル/日,10立方メートル/日,30立方メートル/日,50立方メートル/日,100立方メートル/日
    受ホッパー 原材料により口径及び容積等は協議の上とします
    原料投入口 1,700o×1,700o (500型)
    点検口 500o×750o (500型)
    必要電源・電源量 従量電灯 B-30A,低圧電力 -30kW(500型)
    主装置 還元槽・木酢液タンク・制御盤・(自家発電機)
    主成原料等 木屑・紙屑・建設廃材・芝・伐採樹木・食品残渣・廃プラスチック類貝殻・焼却灰・その他
    ※本装置の諸元寸法は、予告なく変更する場合があります。ご了承下さい。

    本「有機物分解セラミック生成装置(ERCM)」は、地球温暖化などの病める地球を救うべく出現した”夢の装置”であるといえます。これまでの「燃焼」ではなく、「セラミック、マイナスイオン等を用いた燻焼」による全く新しいシステムで、無公害、無騒音、無振動であります。私は、地球を救うこの装置を自信を持ってお奨めします。信州大学 名誉教授 工学博士 岡崎光雄
    TOPへ戻る

    ゴミを資源に…地球に優しい新技術。無公害のひみつ
    ERCMは有機物を火炎燃焼させることなく無火炎燃焼(自燃といいます)させることにより分子分解しセラミックを生成します。これは現在行われている一般廃棄物を焼却処理をすることなく処理をする装置であって、通常、燃焼時及び排煙処理時に発生するダイオキシンなどの有害物質の発生を火炎燃焼させないことにより抑え日本の法規制の基準値以下のクリーンな処理を可能にし最終過程では良質なセラミックとして回収できるまさに画期的な装置なのです。

    無公害のひみつ

    ERCMの無公害化には、大変な道のりが御座いました。繰り返された試行錯誤。それに、何処をどう調べても教科書のない新しい試み。しかし、失敗するたびに見えて来る新しい道。その一端をお話しします。無公害のポイントは、マイナスイオン、セラミックの輻射熱、排気の冷却の3点です。
  • 排気の冷却
  • 暖かい排気をそのまま外気に触れさせると、分解していた原子・分子が酸化・再結合し様々な物質ができ、有害な物質も出来てしまう。その為、無害化した排気を外気に触れさせず冷却する事で液化し、原子・分子の再結合を阻止し安定させる。(木酢液の採取)

    ERCMの残渣物である、セラミック・木酢液・排気をテストの間に適時(財)日本気象協会の協力により検査・分析し、無害性を証明して頂きました。なお、これからも適時(財)日本気象協会や各種研究機関の協力を得て、科学的証明を行ってまいります。
  • マイナスイオン
  • マイナスイオンの発生器は、普通マイナスイオンと共にプラスイオンやオゾンも発生しておりました。また、ある種のものは、マイナスイオンと共に有害電磁波も発生しました。私共のERCMの分解炉には、マイナスイオンだけが必要です。探し回り、「負イオン発生ユニット」を見つけ、2歩も3歩も前進しました。 マイナスイオンを常時分解炉に送入する事により、分解炉内を還元雰囲気にします。還元雰囲気にする事により、酸素の熱運動を抑え、投入した有機物の火炎燃焼を抑制し、また、マイナスイオンが自燃域の働きを助け、有機物が乾燥・炭化・自燃する時に発生する乾留ガスを分解無害化し、無害の排気として出す事が出来ます。
  • セラミックの輻射熱
  • 分解炉の底部に、ERCMで生成したセラミックを敷詰め、自燃域の種火として熾こした木炭を置くと、セラミックの上部より輻射熱が発生します。 セラミックより輻射熱を発生させる方法も、様々なテストを繰り返し最善な方法を見つけ、現在の方法になりました。 輻射熱は、遠赤外線領域の電磁波で、投入した有機物の原子を共振させ、電磁波のエネルギーを吸収させ発熱させます。その発熱により有機物は、内部から乾燥・炭化します。セラミックの輻射熱により、自燃域は活性化し1200℃以上の高温域を維持する事で、炭化した有機物が自燃し乾留ガスが発生する時に、ダイオキシンを始めとする有害物質は生成されない。また、発生した乾留ガスは、分解炉内上部を旋廻している間に、還元雰囲気により分解し無害化した排気にする。なお、炭化した有機物は自燃により、原子の共有結合しているエネルギーが燃え尽きると共に結合が解け、セラミック状無機物になります。
    TOPへ戻る

    ERCM 分析結果

  • 木酢液の分析結果
  • H18.04.14採取
    計量の対象 単  位 分析結 定量下限値
    ダイオキシン類 pg-TEQ/L 0.085 -
    財団法人日本気象協会
  • 分析方法
  • 木酢液の分析方法
    *JIS K 0312(1999)
    調査対象施設は、焼却を伴わず、小規模であり、排水を公共用水域へ排出しないため、特定施設及び廃棄物焼却炉の定義には該当しない。ダイオキシン類は、暫定目標値に比較して低濃度であり、本調査においては問題のない濃度であった。

  • 残渣の分析結果
  • H18.04.14採取
    検体名 対  象
    区  分 ダイオキシン類
    実測濃度(ng/g) 毒性等量(ng-TEQ/g)
    残渣 残渣 5.9 0.037
    財団法人日本気象協会
  • 分析方法
  • 残渣の分析方法
    ダイオキシン類対策特別措置法施行規則第2条第2項第1号の規定に基づき環境大臣が定める方法(平成16年環境省告示第80号)

    ダイオキシ類は、暫定目標値に比較して低濃度であり、本調査において問題ない濃度であった。

  • 排ガス中の分析結果
  • 測定分析項目 単  位 測定分析結果
    排ガス中のダイオキシン類濃度
    (JIS K 0311「排ガス中のダイオキシン編」)
    ng-TEQ/立法メートル
    (0℃、101.3kPa)
    1.8mg-TEQ/立法メートル
    帝人エコサイエンス株式会社
  • 分析方法
  • *ダイオキシン類毒性等価係数は、WHO/IPCS(1998)TEF値を適用
    排ガス中のダイオキシン濃度(毒性等価濃度)は、1.8ng-TEQ/立法メートルであり、ダイオキシン類対策特別措置法の排出基準( 10ng-TEQ/立法メートル)に適合しており、問題ないと考えられる
    TOPへ戻る

    低コストのひみつ…地球に優しい新技術。有機物分解セラミック生成装置
    ERCMの起動の際、木炭を自燃の種火に使用する他、一切補助燃料を使いません。投入した有機物が自燃することで熱源になり、自燃域を形成する為、補助燃料を必要としません。
    また、投入する有機物は選別することなく、日に3〜4回に分け投入すればよく、特別な操作はなく、24時間365日連続運転が出来ます。1週間位の連休にも面倒な操作はせず、全休し、休み明けにいつものように有機物を投入すればよく簡単で安全です。投入した有機物は、セラミックになると1/100〜1/500に減容しますので、生成したセラミックのかき出しは2ヶ月に1度程度で、スイッチを押すだけで自動で取出せるため、ERCMを止める必要もありません。ERCMは安全設計ですので、有機物の投入が完了すれば、そばに張付いている必要もありません。このように簡単操作ですが、2人1組で作業をお願い致します。

    ERCMの500型で、人件費のほか経費は電気代約10万円/月とメンテナンス料金として240万円/年がかかるだけです。 他の燃焼系処理機(ガス化溶融炉等)に比べ、低コストを実現いたしました。
    TOPへ戻る